健康でいたいなら早めのサプリメント利用で生活習慣病予防を

私たちの健康を遠ざける生活習慣病の脅威

健康を損なう最大の原因は生活習慣病!

病気になる前に飲むのがサプリメント

あくまでも一般性を重視して言いますが、病気を改善するために服用するのが薬(薬物)であり、病気を未然に防ぐために摂取するのがサプリメント(分類としては健康食品)と考えるべきでしょう。病気になってからあわててサプリメントを摂取するというのもタイミングとしてはどうかと思いますし、かといって、病気になる前から治療薬を服用するのも、身体にとってはむしろデメリットが大きい気がします。

もちろんすべてがすべて、サプリメントや薬を口にするタイミングが決まっているというわけではありませんが。ところで、サプリメントということばは、どこかで聞いたことがあるような印象を受けます。

英語のsupply(サプライ)には、供給する、足りない部分に補給するといった意味合いがありますが、サプリメント(supplement)はsupplyの「足りない部分に補給する」という意味と深い関係があることばである気がします。深いかどうかはわかりませんが、おそらく無関係ではないでしょう。

事実、サプリメントは足りない栄養素を補給するための健康食品です。では、足りないというのは、いったい何が足りていないのかというと、健康的な生活を送るために本来必要な栄養素が足りていない、となるでしょう。健康的な生活を送れないケースの代表ともなるのが、生活習慣病にかかってしまったケースです。

サプリメントなら何でもよいわけではない

少々短絡的な発想かもしれませんが、健康的な生活を送るために、つまりは生活習慣病の予防のためにサプリメントが有効であると考えられなくもありません。事実、健康に不安を抱える現代人の多くが、それぞれの用途に従いサプリメントを摂取しています。

しかしだからといって、サプリメントならなんでもよいというわけではありません。サプリメントには非常に種類が多いですから、慎重に選ばなければなりません。病院で処方される薬であれば、担当医の処方箋に従えばよいだけですが、市販されているサプリメントはそうもいきません。

理想をいうなら、事前に血液検査や健康診断をして、信頼できるお医者さんと相談してからサプリメントを選ぶという方法が推奨されます。病院でも優れたサプリメントを処方してくれる時代ですから、やはり健康のプロである医師の所見はサプリメント選びの際にも有効であるといえます。

そこまでしなくても、特にサプリメントの知識がない人は、ドラッグストアなどの薬剤師には相談したほうがよいでしょう。インスピレーションで選んでしまうようなことがないよう気を付けてください。